なんとなくやっているがストレッチをした方がいいの?

こんにちは、こんばんは、おはようございます。

「新瑞橋イオン」から徒歩5分のダイエット&ボディメイク専門パーソナルトレーニングジム

「カロリートレードミズホ」  パーソナルトレーナーの長谷川 大竜(はせがわ たつる)です。

なんとなくやっているがストレッチをした方がいいの?

皆さん、なんとなくトレーニングの前に準備運動でストレッチをしていませんか?

ストレッチはトレーニング前に行うことはとても大切になります。

上半身、下半身をしっかり伸ばして怪我をしないようにしなければいけません。

ですが、なんとなくストレッチを軽くしている人はいませんか?

または準備運動をせずにいきなりトレーニングをしている人のために今回はストレッチ効果についてお話していきたいと思います。

・ストレッチの効果!!

ストレッチには一般的に下記のような効果があると言われています。

①筋緊張の緩和
②関節可動域の改善
③血液循環の促進

これらの効果により筋肉に疲労回復を促し、怪我を予防したり、筋肉痛を緩和させたり、パフォーマンスを向上させると言われています。

・ストレッチの種類!!

ストレッチといっても様々な種類があり、
今回は2種類のストレッチについてお話していきます。

1つ目精的ストレッチ(スタティック・ストレッチ)です。

2つ目動的ストレッチ(ダイナミック・ストレッチ)です。

① 精的ストレッチ(スタティック・ストレッチ)

精的ストレッチ(スタティック・ストレッチ)とは反動や勢いをつけずにゆっくりと筋肉を自分の限界と感じるあたりまで伸ばしていき、その状態をキープする方法によるストレッチです。

一般的に言われるストレッチはこの方法がほとんどです。

②動的ストレッチ(ダイナミック・ストレッチ)

動的ストレッチ(ダイナミック・ストレッチ)とは動きの中で行うストレッチのことを動的ストレッチと言います。

中には反動を使って行うものもあり、特にウォーミングアップにおいて動作の円滑化、関節可動域の拡大など運動に対する体を適応性を高める上で効果的と言えます。

・ストレッチの注意点!!

筋肉には急激に伸ばされるとそれ以上筋肉が伸びて傷つかないように反射的に筋肉を収縮させるようとする伸張反射という生理的作用があります。

そのため、勢いをつけて急激に筋肉を伸ばそうとすると伸張反射の動きによって逆に筋肉が硬くなってしまうことがあります。

伸張反射は場合によっては筋繊維の一部を傷つけてしまう危険性があるので、無理のない範囲でなるべく反動をつけずに痛みのない範囲で伸ばすことがおすすめです。

あえて反動をつけて行うストレッチもありますが、行う際は注意が必要です。

・まとめ

ストレッチには筋肉に疲労回復を促し、怪我を防止したり、筋肉痛を緩和させたり、パフォーマンスを向上させる動きがあります。

痛みが出るほど伸張反射おき、怪我をするリスクもあるので、無理のない範囲でゆっくりと伸ばすことを心がけて行ってみて下さい。

最後までご覧頂きありがとうございました!

以上、「 CALORIE TRADE MIZUHO」がお送りしました。

顧客満足度1位
瑞穂区で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

長谷川 大竜
はせがわ たつる

名古屋市瑞穂区のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートぶっちぎりの1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

関連記事一覧

  1. スーパーフード「チアシード」のダイエット効果とは!?

  2. ダイエットには鶏肉ではなく牛肉!?アスリートが牛肉を選ぶ理由とは?

  3. 【ダイエット】痩せたいならアーモンドを食べよう!オススメの食べ方を紹介!

  4. 【ワンピース】パーソナルトレーナーが選ぶ、漫画ボディコンテスト!【アニメ】

  5. 痩せたいのに食べちゃう人必見!食欲に負けない為の5つのコツ!

  6. 【筋トレ】垂れ尻の原因は?お尻が上がる最強トレーニング3選!【ダイエット】