体脂肪を気にしすぎ!?体脂肪より〇〇○が大事?

こんにちは!こんばんは!おはようございます!

カロリートレード瑞穂  パーソナルトレーナーの谷しゅん(谷 俊太朗)です。

今日はダイエットには体脂肪率だけじゃなく「LBM」も大事なんだよーというお話をしようと思います。

体脂肪を気にしすぎ!?体脂肪よりLBMが大事?

1 LBMとは

2 LBMを増やすメリット

3 まとめ

この流れで話していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

LBMとは

LBMは脂肪を除いた分の体重のことで、筋肉、骨、内臓、血液などがLBMとなります。
つまり「徐脂肪体重」と言われるものです。

これがなぜ大事かと言うとダイエットで体重を下げれば、健康で理想的な体になれるというのは大きな間違いで、その典型的な例が、食事制限だけで痩せようという方法です。
食事制限のみのダイエットは必要なカロリーも栄養も不足した体から、脂肪とともに筋肉も失われてしまいます。
体のエンジンともいえる筋肉の量が減れば、活動性が下がってしまうのは当然です。

ダイエットで大事なことは、体重を2つの要素に分けて考えること。1つは皮下脂肪と内臓脂肪をあわせた体脂肪、もう1つが体脂肪以外の内臓や骨、筋肉などで構成される除脂肪体重(LBM)です。

たとえば、体重80kgの人の体脂肪率が35%だとしたら「80×0.35」で28kgが体脂肪で、体重から体脂肪をひいた「80-28」の52kgが除脂肪体重となります。この人が食事制限で体重50kg、体脂肪率18%まで下げたとしましょう。
ダイエット後の体脂肪は9kgとなるため、19kgも脂肪が減少。一見、ダイエットに成功したように見えます。ところが、除脂肪体重は52kgから41kgまで減少しているということ。11kgも減っています。

骨や内臓の重量は比較的かなり軽いので、減っても数値的には大きく変化しません。「筋肉が11kgも減った」ことを意味します。
つまり、エンジンとなる「筋肉が20%も減少」しているということ。除脂肪体重はこれを把握できるのです。

痩せたと喜んで元の食生活に戻すと、毎食20%もカロリーオーバーになってしまいます。しかも、筋肉は数か月で10kgも増やすことは不可能。数か月先には元の体重を超え、体脂肪率も元の35%を上回る可能性が大でしょう。

LBMを増やすメリット

LBMは成長期にとても増えます。骨の量を増やしたり、骨の密度を高くしたり(折れにくい骨を作る)することや、筋肉量の増加、筋肉の質をよくするなど、身体の成長に大切なものをたくさん獲得できるということです。さらには、アスリートはもちろん、誰にとっても必須といえる「ケガをしにくい身体」や「太りにくい身体」を手に入れることにもつながります。

まとめ

まず基本として、食べても太らない体になるためには、「体重を減らす」よりも「筋肉を付ける」ことが大事です。
基礎代謝の約40%は筋肉が消費しており、筋肉量が多いほどより多くのエネルギーが代謝されるようになります。筋トレよりを効率的に行うのであれば、腕や腹部などの小さい筋肉よりも、大腿や臀部といった大きな筋肉がある下半身を優先的に鍛えましょう。

体重が増えること、脂肪がつくことに対して敏感になっている人は、体重が増えたということよりも、筋肉がちゃんと増えているのかを確認する意味で、LBMを大事にしてほしいです。

LBMを意識して、糖質制限などを行う方がリバウンドを確実に防げますので、「筋トレとダイエット」は二つで一つなのです。

皆さんも徐脂肪体重(LBM)を意識して、“健康的な肉体”を手に入れてください!

以上、「 CALORIE TRADE MIZUHO」がお送りしました。

最新動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
瑞穂区で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

谷 俊太朗
 たに しゅんたろう

トータルセッション数

1000回

トータルお客様数

100人

今まで担当させていただいたお客様の人数、約100人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

名古屋市瑞穂区のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

名古屋市瑞穂区のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートぶっちぎりの1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

 

関連記事一覧

  1. ダイエットに最適な炭水化物は玄米よりもオートミール!?その3つの理由を紹介!

  2. 【ダイエット】ケトジェニックと糖質制限の違いは?痩せるのはどっち?

  3. 【南区】筋トレ効果倍増させる食事と高タンパク、低脂質のお店を紹介!

  4. 忙しい人にオススメ!時間がない人の為の最強トレーニングとは?

  5. 緑茶がダイエットに効く!?最適な飲み方を3つ紹介!

  6. 【家トレ】家でできる腹筋・体幹強化方法→最強トレーニングまとめ