【疲れはとれてる?】シャワーのみ?湯船につかる?入浴の重要性とは!?【身体のケア】

こんにちは!こんばんは!おはようございます!

カロリートレード瑞穂  パーソナルトレーナーの谷しゅん(谷 俊太朗)です。

今日はお風呂に関する話題です!トレーニングを長期的にみたときに身体のケアはとても大事なことなので紹介していきますね!

【疲れはとれてる?】シャワー派?お風呂派?入浴の重要性とは!?【身体のケア】

入浴は誰しもが毎日行うので、トレーニング後や仕事の疲れを癒せるチャンスなので、効果などを詳しく紹介します!

1 入浴について

2 お風呂派のメリット

3 オススメの入浴方法

この順番で進めていきますので、よろしくお願いします。

入浴について

入浴は基本的に毎日行いますが、目的はほぼ「身体の汚れ」を落とす意味合いが多いですよね。
1日2回入る人も中にはいるのではないでしょうか。

「シャワー派かお風呂派か」これはどっちにもメリットが多くあるのでよく論争になっており、経済面や健康面が主な理由です。

ですが、全国的には男女とも「お風呂派が7割」を超えており、意外と男女の差は少なく「女性はお風呂が好き」というイメージの象徴、究極の長風呂で知らている『ドラえもん』のしずかちゃんもびっくりです。

シャワー派は全国に3割ほどしかいませんが、その中でも若者世代ほどシャワー派が多い傾向にあります。
シャワー派の最大のメリットはやはり時間がかからないこと、夜遅くに帰宅する人にとっては、シャワーは非常に便利だと言えますよね。

湯船をためるのは確かにめんどくさいですし、ガス水道代がかかります。
それを差し引いても、お風呂派にはものすごくメリットがありますのでご紹介いたします。

お風呂派のメリット

いいこと盛り沢山のお風呂派のメリットを紹介します!

・快眠できる

お風呂にゆっくり浸かると副交感神経が活発になり、リラックス効果が得られて睡眠の質が高まります。
寝る1時間前くらいに、ぬるめのお風呂に浸かるようにしましょう。

・肌が潤う

お風呂でゆっくり温まることによって、細胞内の代謝水も増えて、みずみずしいお肌になります。
41度以下でお風呂の湯船に浸かることがポイントです!

・筋肉の回復

入浴して筋肉を温めることで筋肉を通る毛細血管が拡張するうえに、閉じていた毛細血管が開く場合もあり、血流の循環の促進に繋がります。これによって傷んだ物質の除去や必要な物質の供給が高まるので、筋肉の早期回復に効果があるのです。筋肉痛の時は特にオススメです。

・カロリー消費

比較的温めのお風呂に10分程度浸かるだけでも、80キロカロリー程の消費が可能です。
この消費量は20分のジョギングにも匹敵する、非常にコストパの良い数字ですよね。
のんびり入浴を楽しむだけで、確実にカロリーの消費は進みますから、毎日続けることで、ダイエット効果もありますよ!

・微温浴(37~39℃)の効果

副交感神経が優位に働き、心身が落ち着きます。副交感神経は簡単に言うと「静」の神経。精神的にも安らぎ、リラックスすることでストレス解消にもつながります。体の疲れもとれますが、どちらかというと精神面の疲れに効果的。1日の疲れを癒したい時は、ぬるめのお湯に20分くらいゆっくりつかりましょう。

・高温浴(42℃以上)の効果

交感神経が優位に働き、心身を活動的にします。交感神経は簡単に言うと「動」の神経。新陳代謝が促進され、リフレッシュ効果が望めます。汗をかいて老廃物も排泄されるので体の疲れが回復します。眠気を一掃して活発な気分になるので、仕事前にやる気を出したい時は、熱めのお湯にサッとつかるといいでしょう。

汗をかくことで、体内の老廃物や毛穴などの肌の汚れも体外に排出されます。
アロマやキャンドルなどで癒しの時間を作ると、ストレスも解消され、疲労回復にも繋がります。
好きなバスソルトや入浴剤をお風呂に入れるのもおすすめです。

オススメの入浴方法

女性の方はまずクレンジングをして化粧を落としましょう。
お風呂に入ることは毛穴の開くことでもあるので、メイクで毛穴が詰まっていては、老廃物が出にくくなります。このタイミングではまだ洗顔はしません。

クレンジングが終わったら、シャワーで体を軽く洗い流してから、浴槽に浸かりましょう。お湯に浸かり、汗と一緒に老廃物を毛穴から排出します。入浴時間については、長ければ良いというわけではありません。長風呂をすると良くないこともあります。
例えば、42度以上の熱いお風呂に入ると血流が激しくなってしまい、心臓にも負担がかかります。さらに、30分以上かけてお風呂に入ると、疲れを取るどころか体力を激しく消耗することもあります。時間については個人差がありますが、身体が温まって汗がにじんできたら、浴槽から出ましょう。

その後、シャンプー→トリートメント→身体を洗う→洗顔と洗っていきましょう!

まとめ

「入浴=メリットがある」と自分自身が感じる事ができればお風呂に入れるようになると思います。
仕事をすることや旅行に出かけるのと同じように「お風呂に入る動機」を明確に持ちましょう!

「お風呂が面倒」と感じた時に”お風呂に入る理由”を思い出してみましょう。入浴の効果・入浴のメリットをしっかりと感じながらお風呂に入り、上がった後には「お風呂に入って気持ちよかった」「肌がキレイになった」などと、入浴がもたらした効果を実感し、脳に「またお風呂に入りたい」と思わせることが大切です!

ぜひ取り入れて欲しい毎日のルーティンです!
忙しい人は平日はシャワーで済ませて、週末にはゆっくり浴槽に浸かるなどでもいいので、徐々に取り入れてみてください!

以上、「 CALORIE TRADE MIZUHO」の谷がお送りしました。

最新動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
瑞穂区で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

谷 俊太朗
 たに しゅんたろう

トータルセッション数

1000回

トータルお客様数

100人

今まで担当させていただいたお客様の人数、約100人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

名古屋市瑞穂区のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

名古屋市瑞穂区のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートぶっちぎりの1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

 

 

関連記事一覧

  1. 【有酸素運動】頑張りすぎは効果が出ない!?脂肪が燃えやすい心拍数とは?

  2. その食事大丈夫?ダイエットに大切な「PFCバランス」とは!?

  3. 【ワンピース】パーソナルトレーナーが選ぶ、漫画ボディコンテスト!【アニメ】

  4. 体脂肪を気にしすぎ!?体脂肪より〇〇○が大事?

  5. 【筋膜リリース】筋トレ、トレーニング後の身体のケアは出来てますか?筋トレ効果にも影響!?

  6. 【ボディメイク 】それ効果ある?サプリメントには優先順位がある!?